Life Styleにぴったりな物件をチェック|不動産のいろいろ

選び方

一般的に、都会に近い都市部に行くほど賃料の相場は大きくなります。 反対に、田舎に行くほど賃料の相場は小さくなります。 都市部の平均的な価格は安くても6万円から7万円ほどするものが多いですが、田舎に行くと3万円や4万円程度の物件を見つけることができます。 なぜこのような違いが生じるのかというと、利便性の関係もありますが何より大きいのが地価の問題です。 賃貸物件に限らず、不動産は地価によってその価値が大きく異なります。 土地にはそれぞれ違った価格設定がされており、基本的に不動産と言うのはその地価を含めた価格で表記されることになります。 そのため、地価が安い物件ほど賃料の平均的な価格も小さくなる傾向にあるのです。 これは非常にわかりやすい基準なのです。

賃料の大きな基準が設定されている物件では、その後に付加価値的に物件としての価値が足されていきます。 例えば、賃貸物件の中でもインターネットができない環境にあるのならば賃料は大きくなりません。 逆に、エアコンやトイレ、風呂など一般的な付帯設備が揃っていれば料金もそれに加えて高くなります。 地価を基準としてその物件に付加価値的に評価できる設備があれば、必ず賃料は向上します。 また、築年数も大切です。 物件は、法律上で必ず減価償却による資産価値の減少を考慮しなくてはいけないため年数が経てば価値は必ず減少します。 これは、地価を含めても例外ではありませんので賃貸では知っておくと大変便利です。 賃貸の価格は、このような付加価値的な要素と地価で決まるのです。